HOME > 事業案内
2017年02月09日

ばい煙測定の対象施設として、代表的なものがボイラーです。
施設の規模が下記以上の能力でしたら、測定対象施設となります。
 伝熱面積 10m2以上
 燃料使用量 50L/h以上
下見から報告書提出までの流れ
報告書作成まで、しっかりとフォローさせていただきます。
フォーマットに応じた報告書をA4再生紙で作成します。ご希望により電子媒体(PDF)に変換しメール送信いたします。
また、年間推移表、グラフ化などご要望にお応えいたします。
報告書は3年間保存してください。

続きはこちらから

2017年02月09日
環境計量証明事業

地球には13億5000万km3の水があり、その97.5%が海水で、1.8%が氷河や万年雪。そして、残りのわずか0.7%が地下水で、川や湖などの表流水は0.02%といわれています。こうした貴重な水資源を汚濁から防止するため、水質汚濁防止法では汚水又は廃液を排出する施設を特定施設として定めています。 工場、事業場において特定施設を設置する者は、その内容を知事に届けなければなりません。また、それら工場、事業所の排出水については、排水基準が守ることが義務付けられています。 同法に違反した場合は、懲役又は罰金の罰則が科せられます。 当社では、同法が定める規定に基づき、『水質分析調査』及び『結果報告の作成』を行っております。

水質分析調査サービス
ISO14000が普及し、単に「法律の遵守」だけでは不十分になってきました。
方針を決め、計画を立て、それを実行し、チェックし、計画を練り直していくことが求められています。
当社では排水の種類により採水の頻度、分析項目の選択、結果の推移等、お客様のニーズに合わせた水質分析調査をご提案させていただきます。
報告書作成まで、しっかりとフォローさせていただきます。
フォーマットに応じた報告書をA4再生紙で作成します。ご希望により電子媒体(PDF)に変換しメール送信いたします。
また、年間推移表、グラフ化などご要望にお応えいたします。

続きはこちらから

2017年03月09日
ダイオキシン類の測定分析

高性能の質量分析計を用いて、ダイオキシン類の解析を行います。

環境汚染化学物質・ダイオキシン類は、焼却炉の排ガス、工場排水、ばいじんなどから発生します。当社では、発生源の固体・液体・気体をサンプリングし、高性能な質量分析計を用いて解析しています。ダイオキシン類は広義には、ポリ塩化ジベンゾ-パラ-ジオキシン(PCDDs)、ポリ塩化ジベンゾフラン(PCDFs)、コプラナ-ポリ塩化ビフェニル(PCBs)のことを指します。

  ダイオキシン類の発生源にはさまざまなものがあります
■排ガス、ばいじん、焼却灰、排出水、土壌などの分析

続きはこちらから

2017年02月10日

地下埋設物調査のご案内

トラブルになる前に・・・

地下に眠っている埋設物の有無調査はお済ですか?
都市化が進み、ライフライン(ガス管、上下水道管、電力ケーブル、NTTケーブル等)の構造物は地下に埋設されることが多くなり、道路面下では物が密集した状況となっています。
現在ではより深い位置に敷設されるようになり、道路下工事は特に事前準備、調査、協議等が重要となっています。
以前宅地や畑等であった場合でも過去をさかのぼれば工場跡地だった場合もありうるかもしれません。
地中埋設物のトップにあげられるのがコンクリート殻(基礎工)です。これは産業廃棄物であり、撤去費用も発生します。
調査を行わずに引渡した後、トラブルが発生する可能性があります。

続きはこちらから

2017年03月07日

土壌汚染?

土地の売買時に気になるのが土壌の汚染状況です。
土壌を掘り返し調査分析すればいいのですが、費用がかなり掛かります。
まず、土地履歴調査を検討してください。

土地履歴調査の内容
  • 登記簿調査
  • 古地図、住宅地図、空中写真調査
  • 公的資料調査
  • 聴き取り調査
  • 報告書 ( 総評 上記資料 )汚染の有無を評します。
土地履歴調査費用
一般的な物件だと費用は15万円程です。
ご依頼方法
1.対象地の番地をお知らせいただくだけです。
2.約2週間後、お手元に報告書が届きます。

続きはこちらから

2017年03月07日

有機溶剤中毒予防規則、鉛中毒予防規則、特定化学物質障害予防規則、粉じん障害予防規則の各規則の設備において設置が義務付けされている「局所排気装置、プッシュプル型換気装置及び除じん装置」は1年以内に1回自主検査を行うことが定められています。(労働安全衛生法第45条(労働安全衛生法施行令第15条第1項第9号))

検査方法は厚生労働省から局所排気装置等の定期自主検査指針が示されています。

局排装置の定期自主検査指針
プッシュプル型換気装置の定期自主検査指針
除じん装置の定期自主検査指針

当社では定期自主検査の代行を行っています。
定期自主検査指針は点検項目が多く、専用の測定器も必要になります。
設備の合否判定や検査員教育も行いますのでご相談ください。

安全衛生情報センター(オンライン安全衛生情報) http://www.jaish.gr.jp
 

続きはこちらから

2017年03月07日
作業環境測定事業

作業環境測定を通じて、快適な職場環境づくりをお手伝いします。

有機溶剤や特定の化学物質などを取り扱う屋内作業場の環境を測定・調査します。品質の高い製品を生み出すには、快適で安全な職場環境が基盤として必要です。この基盤づくりをしっかりとサポートします。

  下記の作業環境測定事業を行っています
■有機溶剤を取り扱う屋内作業場の測定
■土石、鉱物、金属、または炭素の粉じんを発生させる
屋内作業場の測定
■特定化学物質を取り扱う屋内作業場の測定
■著しい騒音を発生させる特定機械を設置する
屋内作業場の測定
■局所排気装置の性能検査

続きはこちらから

2017年03月07日

平成16年10月から石綿含有製品のうち建材、摩擦材及び接着剤について製造、使用等が禁止。 平成17年7月から石綿障害予防規則が施行され、建築物等の解体等に係る対策(事前調査、作業計画の策定、作業の届出、石綿等の使用の状況の通知等)、建築物に吹き付けられた石綿の管理(当該吹き付け石綿の除去、封じ込め、囲い込み等の措置)が義務付けられました。 当社では、厚生労働省が定める「建材中の石綿含有率の分析方法」に基づき、『石綿含有率の調査・分析』及び『結果報告の作成』を行っております。

続きはこちらから

2017年03月07日
環境計量証明事業

弊社では、事業所のCSRを主体とした騒音・振動調査から計量証明書の発行までを主軸とし、 建設騒音・振動調査、騒音・振動のシミュレーションによる予測、航空機・鉄道・自動車由来の環境調査、 住宅性能評価に関る調査など様々な調査業務を行っております。 また、各種対策に関しても、設計・施工・管理・アドバイスなどトータルサポートする体制を強化しております。

トータルエンジニアリングに基づくサポート!


続きはこちらから

2017年03月07日
環境計量証明事業

悪臭防止法では、規制敷地内にあるすべての工場・事業場の設置者は、悪臭発生を伴う事故時には応急措置を講じるとともに、直ちに市町長に通報することを義務付けています。 また、市町長は引き続く悪臭原因物質の排出防止のため、応急措置を講ずるよう命ずることができます。 改善命令に従わない場合は、懲役又は罰金の罰則が科せられます。当社では、同法が定める規定に基づき、『悪臭測定』及び『結果報告の作成』を行っております。

続きはこちらから

1 | 2