HOME > 気になる環境用語 > 環境用語

環境用語

環境用語を解説するコーナーです。随時用語を増やしていきますので、ご活用ください。

RDF(ごみ固形化燃料)

廃棄物を乾燥・選別し、可燃物を集めて円柱状に固めた固形燃料。廃棄物の有効利用に向けて、技術開発された。①安定した燃焼効率が見込める、②形状が均一、③壊れにくく輸送に適する、④長期保存が可能、などの利点がある。

地域環境力

環境保全には個人や地域の取り組みが大きな力になるという、平成15年度版の環境省環境白書が打ち出した考え方。白書では「地域環境力」を住民や自治体、企業などが地域全体でよりよい環境をつくっていこうとする意識や行動力と定義している。

地球温暖化

人間の活動によって排出される二酸化炭素などの温室効果ガスが原因となり、地球の気温が上昇する現象。石油など化石燃料の大量消費が原因と考えられている。すでに海面が上昇するなどの被害が報告されており、地球環境問題のなかでも、温暖化はもっとも深刻なテーマとなっている。

シックハウス症候群

シックハウスとは、ホルムアルデヒドやトルエン、キシレンなどの揮発性有機化合物によって室内が汚染されている家を意味し、大きな社会問題となっている。室内の高気密化や、化学物質を放散する建材・内装材の使用などにより室内空気が汚染され、居住者にさまざまな体調不良が生じるケースが数多く報告されている。症状が多様なため、発生のメカニズムが不透明で、複合要因が考えられることから「シックハウス症候群」と呼ばれるようになった。

スローライフ

効率や機能の追求より、自然・歴史・伝統などを大切にした生活を志向すること。環境への配慮や長期間にわたる耐久性を考えて物を選び、価値に見合ったコストを払い、修理やリサイクルも活用。少しだけ手間をかけて、ゆったりした暮らしをめざす点に特徴がある。

ゼロ・エミッション

エミッション(Emission)は廃棄物、排出物。ゼロ・エミッションは、国連大学が提唱した概念で、廃棄物ゼロを意味する。廃棄物をいかに処理するかを考えるのではなく、再利用することで廃棄物ゼロをめざす構想。

ダイオキシン類

非常に毒性が強く、分解されにくい有機塩素化合物で、微量の摂取でも人体に悪影響を及ぼす。日本では近年、ごみの焼却に伴って発生するダイオキシン汚染が問題となった。ダイオキシン類対策特別措置法では、PCDD、ポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)、コプラナーPCBを「ダイオキシン類」と定義している。

ヒートアイランド

都市の中心部で、周囲に比べて気温が上昇する現象。大都市だけでなく、小規模の都市でもヒートアイランド現象が見られる。原因としては、①熱を貯めやすいコンクリート建築物の増加、②自動車や空調設備から出る排熱の増加、③緑地や水辺の減少、などが指摘されている。

リユースカップ

カップの再利用と回収のためのシステム。一部のスタジアムなどで導入されている。飲料の価格にデポジット料金(カップ預かり金)を加算し、カップを回収所に返却した人には、預かり金を戻す仕組み。飲料をおかわりする際に同じカップを利用すると、デポジット料金が不要の上、飲料本体価格の割り引きが受けられることも。

レッドデータブック

この地球から絶滅した、又はしそうな生物をリスト化したものです。その原因のほとんどが人間の仕業で、このリストより環境保全を講じ、「種の保存」をしていこうと地球規模で取り組まれています。リストを見るとあまりの種類の多さにびっくりし、いろいろ考えさせられます。なお、リストはインターネットや書店で入手することができます。

典型7公害

大気汚染,水質汚濁,土壌汚染,騒音,振動,地盤沈下,悪臭の7つを示します。

PCB

無色で粘性のある油状の有機塩素化合物。熱的安定性や電気絶縁性に優れているため、トランス絶縁油・熱媒体・ノンカーボン紙等に利用されてきた。環境中で分解されにくく、脂溶性が高いことから、長期間環境・生態系を汚染し、食物連鎖を通じて生物濃縮されてきた。1972年に生産・販売が中止され、1974年には使用禁止となっている。使用の終わったPCB及びその含有物質は保管が義務づけられており、現在も多くのPCB使用のトランス・コンデンサー・感圧複写紙等が保管されている。今後処理プラントが逐次稼働する予定となっている。

オゾン層の破壊

地上20~40kmの成層圏にはオゾンO3の濃度が相対的に高い領域があり、オゾン層と呼ばれている。このオゾン層は生物にとって有害な紫外線のほとんどを吸収する役割を担っている。近年、フロンガス等の影響によりオゾン層が破壊され、有害な紫外線が地上に届くようになるため、皮膚がん・白内障・免疫低下等の人体への悪影響が懸念されている。

環境ホルモン

内分泌撹乱化学物質ともいう。生体内に取り込まれた際に、体内で分泌されるホルモンの働きをかく乱して健康や生態への悪影響を生じる化学物質のことをいう。発育・生殖機能の異常、精子数の減少、乳がん、卵巣がん等を誘発するのではないかと考えられているが不明な点も多い。

富栄養化

湖沼・内海・内湾等の閉鎖性水域に生活排水や工場排水が大量に流入することにより、窒素化合物やリン化合物等の栄養塩類の濃度が高くなる現象。富栄養化の状態となった水域が太陽光線を受けると、藻類や植物プランクトンが爆発的に増殖する。アオコや赤潮の発生は富栄養化が主な原因となっている。

パークアンドライド

交通混雑を緩和するために、マイカーを郊外の駐車場に駐車し、バスや鉄道に乗り換えて都心に入ること。金沢市等で試行されている。